会計 上 の 見積り の 開示 に関する 会計 基準。 「会計上の見積りの開示に関する会計基準」

法務省、収益認識・会計上の見積り注記等に関する「会社計算規則の一部を改正する省令」を公布

🤛 会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報の例示 a 当年度の財務諸表に計上した金額の算出方法 b 当年度の財務諸表に計上した金額の算出に用いた主要な仮定 c 翌年度の財務諸表に与える影響 開示目的 会計上の見積りは、財務諸表作成時に入手可能な情報に基づいて合理的な金額を算出するものですが、財務諸表に計上する金額に係る見積りの方法や、見積りの基礎となる情報が財務諸表作成時にどの程度入手可能であるかは様々であり、その結果、財務諸表に計上する金額の不確実性の程度も様々となります。

15

「会計上の見積りの開示に関する会計基準」

🖖 また、企業結合時における無形資産の識別・認識の変更を望む意見については、見直しをしないことを提案して いる。

16

「会計上の見積りの開示に関する会計基準(案)」(企業会計基準公開草案第68号)の公表(ASBJ)

😝 以下アウトプット項目。

2

会計上の見積りの開示に関する会計基準

🖐 なお、識別した項目ごとに、当年度の個別財務諸表に計上した金額の算出方法に関する記載をもって一部の注記事項(上記の(2)会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報)に代えることができます。 したがって財務諸表利用者は財務諸表に計上した金額のみでは、当該金額が含まれる項目が翌年度の財務諸表に影響を及ぼす可能性があるかどうかを理解することは困難となります。

18

会計・監査情報(2020.3

🖖 注記事項 本公開草案では、会計上の見積りの開示を独立の注記とし、識別した項目について、会計上の見積りの内容を表す項目名を注記する(識別した項目が複数ある場合には、それらの項目名はまとめて記載する)ことを求めることを提案しています。 適用時期 本公開草案では、2021年3月31日以後終了する連結会計年度及び事業年度の年度末に係る連結財務諸表及び個別財務諸表から適用することを提案しています。

19

企業会計基準|企業会計基準委員会:財務会計基準機構

👌 本Q&Aでは次の例を挙げて いる。 笑 結論の背景 国際会計基準審議会(IASB)が 2003 年に公表した国際会計基準(IAS) 第 1 号「財務諸表の表示」(以下「IAS 第 1 号」という。 2018年6月に公表された「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告」(以下「DWG報告」という。

「会計上の見積りの開示に関する会計基準」

👈 )が参考になると考えられる。

法務省、収益認識・会計上の見積り注記等に関する「会社計算規則の一部を改正する省令」を公布

☯ 「特に、同項第1号及び第3号に掲げる事項の注記を求めることについては、有価証券報告書を提出しなければならない株式会社以外の株式会社に過大な負担となるおそれがあるという御意見が比較的多く寄せられたこと等を踏まえ、原案を修正し、会社法第444条第3項に規定する株式会社以外の株式会社にあっては、第115条の2第1項第1号及び第3号に掲げる事項を省略することができることとした。