Qd レーザー。 東証マザーズ上場の「QDレーザ」がメディアラウンドテーブル開催、事業内容や今後の戦略を紹介

【新規上場企業分析】QD レーザのIPO・時価総額・業績・事業内容・有価証券報告書を徹底分析|スタートアップドライブ

🐲 精密な任意波長制御を可能としており、後述のバイオセンシング機器(フローサイトメーター)に必要となる黄色・オレンジ半導体レーザーを世界で初めて商用化した。 想定平均価格は275円• 網膜色素変性症や緑内障、網膜剥離などによって視野が狭くなる視野狭窄といった障害に対しても、「カメラのレンズを広角にしてその画像を有効な網膜の部分に圧縮して投影することで視野を広げてあげることができる」(菅原氏)。 2020年12月28日、半導体レーザーの開発販売を行う株式会社QDレーザは、東証マザーズへの新規上場を承認されたことを発表しました。

20

QDレーザ、網膜投影ARグラスを法人向けに発売 個人向けも年内に

⚑ 想定価格がこの価格なら仮条件が上ブレしても公募価格はそれほど高くないでしょうから、100株だけならお遊びレベルです。

2

QD Laser

✆ 2021年第一弾のIPOですから注目度は抜群。 網膜に映す画像がより鮮明に見えるようにするためには、光の強さではなく、解像度が高いことが重要でした。 QDレーザ 6613 のIPOにおけるブル要素 始めにブル要素から再チェックしていきます。

14

半導体レーザー技術を使い視覚支援用アイウェアを開発

🤚 市場からの吸収金額が53億円と大きい。

3

QDレーザ、網膜投影ARグラスを法人向けに発売 個人向けも年内に

😂 5倍で売却できるようになるVCが多数います。

14

【新規上場企業分析】QD レーザのIPO・時価総額・業績・事業内容・有価証券報告書を徹底分析|スタートアップドライブ

⚔ 5倍で解除されるため上場後の売り圧力も無視はできないでしょう。

13

QDレーザ、網膜投影ARグラスを法人向けに発売 個人向けも年内に

🤘 QDレーザの事業セグメントは、半導体技術を利用した高度な情報処理を行う「レーザデバイス事業」と視力改善を目的としたメガネ型ディスプレイ開発・製造を行う「レーザアイウェア事業」の2つの事業に分割されています。

12

半導体レーザー技術を使い視覚支援用アイウェアを開発

💢 QDレーザは、世界最高温度の量子ドットレーザーの量産化に成功。

東証マザーズ上場の「QDレーザ」がメディアラウンドテーブル開催、事業内容や今後の戦略を紹介

😝 菅原氏は、数千台を製造することで原価を低減させ、最終価格を10万円以下を目指していると明かした。 そんなQDレーザの主な事業は 半導体レーザを使った製品の販売・製造です。 見ようとする努力がそもそもできず、目の近くにまで持ってきて初めてちょっと字が見えるぐらいです。