石岡 瑛子 展。 「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」 ACROSS(アクロス)

石岡瑛子のグラフィックデザインに注目。「グラフィックデザインはサバイブできるか」展がgggで開幕(美術手帖)

⚠ 絶妙な立体感があるグラフィックは三角形や円錐形などの構造体をわざわざ作り、組み合わせて写真を撮影したうえでイラストに落とし込んだという。 パルコのキャンペーン「あゝ原点。

14

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」 ACROSS(アクロス)

📲 (・)• コスチュームデザイナーでアートディレクターの石岡瑛子の世界初の大規模回顧展東京都現代美術館で開催中。 完璧主義を貫く彼女の制作現場は常に緊張の糸が張りつめ、刃物のような立ち振る舞いだと彼女を揶揄する者もいた。 (、美術)• 自伝「私デザイン(I DESIGN)」によると、現場でのコッポラ監督との合言葉は 「Never Seen Before」だったという。

東京都現代美術館 企画展「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」 |COMPETITION & EVENT|TECTURE MAG(テクチャーマガジン)

👐 2002年、〔平成14年〕 作品 [ ] グラフィック・デザイン [ ]• 取り組む仕事も広告から舞台や映画美術、衣装デザインへとシフトしていった。 『ドラキュラ』は石岡瑛子展のポスターを飾るだけあり、衣装もデザイン画も多数展示されている。 ・新型コロナ感染防止のため、予約優先チケットを販売中。

石岡瑛子の足跡たどる回顧展開催、「ドラキュラ」衣装など展示(写真24枚)

💢 1992年公開のハリウッド映画『ドラキュラ』の衣装を手がけアカデミー賞を受賞。 資生堂、角川書店、パルコなどの懐かしいプロジェクトを紹介する。

「すごい日本人」デザイナー・石岡瑛子の大規模回顧展 その哲学とは?

👇 石岡の評伝評伝『TIMELESS 石岡瑛子とその時代』を執筆した河尻亨一氏は、本展について次のようにコメントしている。 [取材/文:永田晶子(美術ジャーナリスト)] 「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展の会場入り口(撮影:永田晶子) 日本国内よりも実は海外での評価がものすごく高いアートディレクター、石岡瑛子さん。

「表現に男も女もない」アートディレクター 石岡瑛子の回顧展が世界初開催

😍 1994年、BAFTAノミネーション「ドラキュラ」• 独立後、次々と手掛けた広告が強いメッセージ性を伴ったのは必然だったかもしれない。 大きな賞を得てキャリアの節目になったのは、 マイルス・ディヴィスのアルバム「TUTU」(87年グラミー賞最優秀レコーディングパッケージ賞)と、 フランシス・フォード・コッポラ監督の映画「ドラキュラ」(93年アカデミー賞衣装デザイン賞)。

石岡瑛子の仕事を映画で振り返る 『ドラキュラ』『白雪姫と鏡の女王』 Bunkamuraル・シネマにて急遽上映決定 | ガジェット通信 GetNews

🤙 富士写真フイルム(科学技術賞・)• 本展がさまざまな角度から照射する 「石岡瑛子」という存在。 宮城島卓夫(2つの科学技術賞を同時受賞・1998年)• 「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」は本日11月14日から2021年2月14日まで開催。