コロナ 日テレ。 新型コロナ感染の報道に石原さとみ側が激怒か「降板情報も出るほど」

【日本テレビ】日テレ“感染者ZERO”を継続中!他局が舌巻く完全コロナ対策|日刊ゲンダイDIGITAL

🌭 現在、日テレサイドはドラマを1本当たり3000万円で制作しているが、今回のコロナ感染騒動で5000万円超えになってしまうという。 皆さんの引き続きのご協力をお願いします。

15

《熱いメッセージが大反響》日テレ藤井貴彦アナがスタッフに洩らしていた同期入社・羽鳥慎一へのホンネ

👊 誰にも罪はない」(事情通) 石原には、何の症状も出ていないという。 7倍の純利益を記録した。 その時の状況に即した話作りが可能であるということで、これは止めなくて済むなという確信を持ったのでこういう形にした」と明かした。

11

週刊テレビ氏 現役局員が明かすテレビのウラ側(10) コロナ禍でテレビ局ピンチ? 目指す形は

♻ 家の外に出て消費行動を促すようなCMは意味が無い。 4月21日の放送 さらに、自粛閉店をする飲食店などへのメッセージ。

8

日テレ藤井貴彦アナのコロナ言葉・コロナ語録まとめ!「響く」「涙出る」と外出自粛を頑張る人続出

🤗 テレビの広告と言えばCMだが、そのCMでも「タイムCM」と呼ばれる番組提供をともなうもの(「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします」と紹介され、30秒CMを流すような形式)ではなく、番組に関係なく途中で挿入される「スポットCM」の落ち込みが激しい。 感染防止を徹底した上でお互いに「ありがとう」と言えたらほっとするかもしれません。

【日本テレビ】日テレ“感染者ZERO”を継続中!他局が舌巻く完全コロナ対策|日刊ゲンダイDIGITAL

🤲 日テレは成長戦略の中で、開局70年を迎える2023年にデジタル領域事業の連結売上高1000億円を達成するとしていて、具体的にその中心は有料動画配信サイトHuluを筆頭に、広告付き無料動画配信サイトTVerなどの動画コンテンツ配信事業の拡大。

1

《熱いメッセージが大反響》日テレ藤井貴彦アナがスタッフに洩らしていた同期入社・羽鳥慎一へのホンネ

👊 完全に復活して、収録日を待ち望んでいます」(同・関係者) 悪いのは、すべてコロナだ。

《熱いメッセージが大反響》日テレ藤井貴彦アナがスタッフに洩らしていた同期入社・羽鳥慎一へのホンネ

🤔 日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(49)が11日、メインキャスターを務める同局のニュース番組「news every. 「自分を律している人」という表現力にも脱帽です。

14

コロナ禍の新成人へ…日テレ藤井アナの言葉に感動の声あふれる「新成人じゃないけど心底響いた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

💙 番組ではコロナ禍で苦しむ学生たちをサポートする飲食店や不動産を紹介。