韓国 バレー。 韓国バレー界を揺るがす学生時代のいじめ問題、また別の被害者が登場…チームの消極的対応も暴露(スポーツソウル日本版)

バレーボール大韓民国女子代表

😚 その活躍はコートの中だけにとどまらず、テレビ出演や雑誌グラビアなど多岐に渡ってきた。 2人はすでに事実を認めて謝罪し、自宅で自粛中だという。 〈女子バレー代表のイ・ダヨンが緊急入院〉 2月7日、韓国のテレビ局や新聞が、こう一斉に報じた。

5

代表剥奪の韓国バレー美人姉妹 中学時代の壮絶イジメの中身

😇 3位争いに火をつけた。 。

19

韓国女子バレー“美人双子”の校内暴力問題、母親も登場する事態に「双子だけのバレーだった」(スポーツソウル日本版)

🚒 このことを考え得れば、今回の韓国の対応は、批判する余地はありません。

女子バレー韓国代表の“美人双子”、「汚い臭い」過去言動で代表資格まで剥奪の理由(慎武宏)

✔ 金銭を要求したり、頭を殴ったりするなどの暴力を加えられたと主張した。 そうなれば1976年モントリオール五輪の銅メダル以来、45年ぶりのメダル獲得を目指す女子バレー韓国代表にとっても、大きすぎる痛手のはずだ。 キム・ヨンギョンは終始チームメイトを励ましつつ孤軍奮闘したが、彼女1人で試合展開を覆すには無理があった。

7

女子バレー韓国代表キャプテンの奮闘も空しく…“美人双子”の抜けた興国生命がリーグ4連敗(スポーツソウル日本版)

💅 スポーツスターや有名芸能人は、好感度を土台に有・無形の利益と名誉を得ている。 また「汚いから近寄るな」と言われたこと、試合に負けて帰って来ると(罰として)無理な姿勢を長時間とらされたことや拳で殴られたこと、被害者の金で飲み食いされたこと、気に入らないことがあるとすぐに罵倒されたこと、金を奪われたこと、加害者本人だけが悪者になりたくないとして他の人にも同じような行為を無理矢理させたことなど、様々な事例が綴られた。 また、退所前に実施した新型コロナウイルスの検査で陰性判定を受けた」と説明した。

双子の女子バレー選手、代表剥奪 中学時代のいじめ発覚―韓国:時事ドットコム

🤫 さらに韓国バレーボール協会(KVA)の関係者は2月15日、「球団側で懲戒処分を下し、協会と協力関係にある韓国バレーボール連盟(KOVO)も懲戒処分を検討している。

2

韓国バレー・双子姉妹の代表資格剥奪 いじめ発覚で無期限除外に/スポーツ/デイリースポーツ online

⚠ 協会が双子の母親に授けた賞を取り消す 大韓バレーボール協会は15日、昨年行われた「2020バレーボール人の夜イベント」で、イ・ジェヨンとイ・ダヨン両選手の母親であるキム・キョンヒ氏が受賞した「立派な母の賞」を取り消すと発表した。 あるインターネットコミュニティサイトに「現役の女子バレーボール選手から校内暴力を受けた被害者です」との書き込みが投稿された。 興国生命は「ブルーナは10日間、無症候で元気だった。

14