十 一 面 観音。 重要文化財|十一面観音立像|奈良国立博物館

重要文化財|十一面観音立像|奈良国立博物館

📲 一方、真言宗豊山派総本山長谷寺本尊の十一面観音像は、左手には通常通り蓮華を生けた花瓶を持っているが、右手には大錫杖を持ち、岩の上に立っているのが最大の特徴で、豊山派の多くの寺院に安置された十一面観音像はこの像容となっているため、通常の十一面観音像と区別して「大和長谷寺型観音」と呼ばれている。

6

1. 渡岸寺(妖艶・国宝十一面観音像)

☢ 梵名は文字通り「11の顔」の意である。

十一面観音

🐝 仏像の遷座法要 仏壇や仏像を新しくしたい場合、古い仏像などと新しいものと一緒にお経をお寺様などで上げてもらい、魂を古いものから新しいものへ遷す儀式を遷座法要といいます。 十一面観音 頭の化仏の意味 十一面観音の全方向を見守るという十一の顔は、ただ苦しむ人を発見するためだけにあるのではありません。 向源寺十一面 観世音菩薩像の特徴 この仏像の特徴 国宝、浄土真宗向源寺型十一面かんのん像は滋賀 向源寺の所属渡岸寺(どうがんじ)にあるので渡岸寺の観音さんとして親しまれている。

10

十一面観音の秘密(丹生山「近長谷寺」)

🤘 腰を左側にきゅっと捻った姿がえも言われぬ妖艶さを醸し出している仏像だ。 ちなみにこの渡岸寺観音堂の十一面観音が、 日本の国宝の十一面観音で最も美しい日本彫刻史上、最高傑作といわれている。 今回は時間の制約はないので、観音堂だけでなく境内の隅々の風景までをじっくりと見渡すことができた。

特別展「国宝 聖林寺十一面観音 ― 三輪山信仰のみほとけ」:東京国立博物館・奈良国立博物館

♨ 台座の反花(かえりばな)および框(かまち)は本体とは別材であるが、蓮弁表面の花飾は小材を留めている。

2

十一面観音の秘密(丹生山「近長谷寺」)

👆 これらの点から、製作年代はおよそ7世紀半ば頃と考えられる。

19