Clubhouse 中国。 Clubhouse(クラブハウス)、中国大陸で接続不可能との報告。中国当局、利用を禁止か

「Clubhouse」の音声データが中国当局に漏れる可能性が浮上、開発元はセキュリティ強化を実施

🙃 きちんと権利処理をしているのかが気になりつつ、とりあえず登録手順を進めていくと果たしてClubhouseそっくりの画面が現れた。 Clubhouseは、2020年9月下旬に世界リリースされた直後にストアから削除されたと、アプリ分析会社のSensor Tower(センサータワー)は述べている。 ) ・中国にはいくつか音声SNSがあったが、アメリカでは今までなかった。

12

中国の「Clubhouse」パクリサービス、誕生即終了の驚き:日経ビジネス電子版

🤪 ーYY中学の時使ったな。 Apple(アップル)が、政府のアクションを見越して先制的にClubhouseをストアから削除したのかどうかは不明だ。

「Clubhouse」中国で利用不可の背景に3選狙う習近平主席への忖度?

💅 一方で、記者が確認した限りでも、新疆ウイグル自治区の少数民族問題や新型コロナの感染拡大をめぐる中国当局の初期対応など、中国大陸では敏感とされるテーマをめぐって議論されることもあった。 4万人で市場シェアの40%を持っています。

13

中国で感じるClubhouseの温度差。中国の類似サービスの歴史から未来を予想|中国情報局@北京オフィス

😊 となると、気になるのはAgoraのサーバーの所在地ですけど、これは米中両国にまたがっていますので、仮にClubhouseの音声データが中国側のサーバを経由する場合、中国政府から捜査や治安目的で会話のデータの引き渡しを求められたら応じなければならないという、やっかいな法的義務が生じます(このことはAgoraが米国証券取引委員会(SEC)に提出したにも明記されている)。 今回もこれまでのように新サービスが利用できなくなることは予想できたが、SMSにまで対策してくるとは予想できなかった。 にもかかわらず中国の人がClubhouseに参加する理由は何だろう?私のようにFOMO(時代遅れになることへの恐れ)から参加した人もいる。

4

Clubhouseのデータは中国企業Agora社に送られている。スタンフォード大が警告

🚒 今の国内の音声アプリはよほど機能がいいです。 「しかも、ここ1年半ほどGFWの規制はそれ以前より緩んでいたにもかかわらず、Clubhouseにだけはかなり踏み込んだ規制をしたなという印象です」と小龍氏は分析。 Sources:• 既に多くの人がやっていて、ネットでは「やっている有名人リスト」などが出回り、とにかく話題沸騰なのだが、じゃあ、あの国はどうなのか?世界基準とは異なったスマホアプリの規制がまかり通る中国での事情だ。

4

「いつもと気合の入れ方が違う」中国当局がClubhouseを爆速で禁止したワケ

💓・中国の音声SNSと同じくボトルネックに直面し、ユーザーの成長に合わせていかにソーシャルの質を保つか、匿名と実名のバランスなど。 さらに中国では、音声ベースのネットワーキングは、異なる形態ではあるものの、何年も前から存在している。

11

中国政府が「Clubhouse」を禁じても、活発な議論の流れは変えられない

🐲 また、South China Morning Post(サウスチャイナ・モーニング・ポスト)紙もそのことを。 現時点では日本でのClubhouseが規制されることはあまり考えられないと思われます。 ホストとリスナーの間の交流は、Lizhiの運営スタッフがキャンペーンをデザインし、コンテンツの品質とユーザーのエンゲージメントを確保するために舞台裏でコンテンツ制作者と協力しているため、比較的整然と行われている。

8