地震 村井 ツイッター。 最新の地震予知【ミシェル・グラグラ・すず・ミッヒーなど14人の予言まとめ】

「東日本大震災の兆候と同じ」MEGA地震予測の村井俊治氏が警鐘・予測日や危険な地域は?「信憑性が高い」と話題に

☏ 国土地理院の全国1300ヶ所の電子基準点の1週間ごとの上下動などで地震を予測 NEWS ポスト セブンによれば、村井氏の予測のベースとなっているのは、国土地理院が全国1300か所に設置した「電子基準点」のGPSデータだ。 四国で震度3の地震が、起きました。 を見ると、日本では常にそれなりの規模の地震が起きていることが分かるが、リアルタイムで経験する震度5を越えるような地震は体験者にトラウマ級の一生の記憶として刻まれるだろうが、歴史という観点からすると(村井教授の話によると)記憶に残るのは死者1000人以上と位置付けられるらしい。

1

大地震の予兆を専門家が観測。異臭騒ぎ関東や東南海より切迫した地域とは

❤ 今年は大きな地震の発生が少なかったため、エネルギーが放出されずに溜まっていると考えられます」 村井氏が会長を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)の協力のもと、最新の「異常変動全国MAP」を掲載した。

1

「東日本大震災の兆候と同じ」MEGA地震予測の村井俊治氏が警鐘・予測日や危険な地域は?「信憑性が高い」と話題に

👉 沢山の人を救いたいという気持ちで、人になんと言われようがそれを発表する。 MEGA地震予測 地震予測の方法は? JESEA(ジェシア)は地震予測に、GNSS(Global Navigation Satellite System、全球測位衛星システム)のデータを使用しています。 全3冊。

19

不気味なほどの的中率。村井教授のMEGA地震予測が支持されるワケ

👊 熊本地震が起きる6カ月前、北海道地震の胆振地方でも3~4カ月前に沈降が広がった。

MEGA地震予測で過去最大級の異常変動 5つの危険ゾーン|NEWSポストセブン

♻ 四国沖にも注意 さらに、四国についても、 高知県の室戸岬、足摺岬などの動きがおかしい。

11

MEGA地震予測で過去最大級の異常変動 5つの危険ゾーン|NEWSポストセブン

😅 その反省から、たとえ予測が外れたとしても、何か大きな異常や予兆があれば伝えるべきだと考えているという。 MEGA地震予測はあたっているのか• 地表にエネルギーが蓄積 2020年は大きな地震が極端に少ない異例の年となっている。 昨日の耳鳴りは爆弾低気圧の可能性がありますね、ただ昨夜睡魔でダウン前に火山噴火系か海外M7前後か国内M6前後のいつもの特殊体感反応がありました。

5

2020年の地震展望!

✆ それに加え、 地表の長期的な「隆起・沈降」と、 地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の分析を加味し、過去の地震発生の前兆現象と比較した上で「震度5以上の地震が発生する可能性があるエリア」を警戒ゾーンとしています。 ムーとか占いや予知に詳しい友人に聞くと、確実に事前に的中させた人は記憶にないということですが、このやまたという方はどうして有名にならないのでしょうか?私が知らないだけで有名なんでしょうか? また、やまたさんはそれが本当の名字で他に違う名前などで活動されているのでしょうか?プログなどがあれば教えてください。 この記事の目次• 今回、水平変動は東北地方、北信越地方、南西諸島で活発です。

8