コロナ 武漢 研究 所。 新型コロナウイルス 「研究所から流出」説の真偽を追う

「武漢の研究所が発生源」、米が強調し出した理由 すっぱ抜かれた米英豪らの情報機関がまとめた「コロナ報告書」(1/4)

☘ トランプの元側近スティーブ・バノン、マルコ・ルビオ、トム・コットン、テッド・クルーズなどの右翼は、いずれも不当な中国バッシングを行っている。 中国は今後、この問題で米国の情報活動を批判する論陣を張ろうとしているのではないだろうか。 こうした政治的動機から流される怪しげな説は鵜呑みにせず検証するのがジャーナリズムの役割のはずだが、まるで逆の振る舞いをする「ジャーナリスト」がぞろぞろいるのはどうしたことか。

3

米メディア“武漢の研究所 新型コロナ発生源か” 米政府も調査

😁 (太字強調は訳者) この調査プロジェクトの提案書には次のように記されていたとNewsweekの記事は記している: Sタンパク質の配列における発散判定閾値(divergence thresholds)の比率(%)が波及潜在性(spillover potential)を予測する、という仮説を検証するために、我々が行う体外および体内での感染実験と受容体結合の分析において、Sタンパク質の配列データ、感染性クローン技術を使う予定である。 どうか自分の住む地域が直撃しないことを願いますが、自然. それは軍事的な意味合いのみではなくて、国防的な意味があるからだ」と話す。 中国メディアの報道などによると、研究員がBSL3実験室からSARSウイルスを持ち出し、一般の実験室で研究をしたことで感染が広まった。

オバマ政権下における武漢ウイルス研究所へ資金援助が発覚・ファウチ所長へ疑惑の目│YUUKOU's 経験値

🤝 「ウイルスの人工合成について一般的なことを言えば技術的には可能。

新型コロナ発生源は武漢の研究所か 米政権が調査 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

🤐 中国の医師たちは1月1日に最初の流行をWHOに報告した。 中国のウイルス学者Li-Meng Yanは、 中国を逃れて以来初めて公開されました。

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘【新型コロナ】

😃 目次 武漢ウイルス研究所で爆発! 武漢のウィルス研究所は、 肝炎ウィルスや、植物・動物の ウィルスなど、 様々なウィルスの研究をする機関です。 しかし、先の女性研究者は、SNSで一連の疑惑を真っ向から否定。 チームリーダーでBSL4実験室副主任の女性研究者は「コウモリ女傑」とも呼ばれ、コウモリの研究で政府から表彰されたこともあった。

18

米国に亡命したウイルス研究者閻麗夢氏が顔出し告発 「新型コロナは武漢研究所で作成」

♻ 「ウイルスの人工合成について一般的なことを言えば技術的には可能。 関係筋は、ウイルスがコウモリから所員に感染し、それから武漢に広がったとの見方を示した。

米国に亡命したウイルス研究者閻麗夢氏が顔出し告発 「新型コロナは武漢研究所で作成」

🔥 2019年、米国立衛生研究所は、ファウチ博士率いるNIAIDの支援の下、武漢ウイルス研究所などの研究者に、蝙蝠由来のコロナウイルスの 機能獲得研究のための資金を提供した。

5

新型コロナウイルスの武漢研究所起源説はホワイトハウスで作られた

👎 豪州で報じられたインテリジェンス文書 つい最近、欧米のインテリジェンス機関が新型コロナウイルスと中国についてまとめたレポートの内容が明らかになった。 このプログラムの前身として、2019年に終了したコウモリを宿主とするコロナウイルスの収集と研究を行う5年間のプロジェクトには、今回とは別に370万ドルが拠出されていた。 機能獲得研究を含むNIAIDの研究プロジェクトは、 次の研究フェーズに進んだのでした。

ノーベル賞博士が断言!コロナは“武漢発”人工ウイルス

✔ ポンペオが主張しているのは、中国は1月に感染者数と死者数を過小報告し、人から人への感染があったことを公表しなかった、というものだ。 それが決定的な証拠となるかは、実際に提示されるまでは不明です。 したがって中国政府がなすべきことは田俊华医師の会見の場を設けて、キクガシラコウモリがどこで捕獲され、どのようなウイルス配列を持ち、医師の研究所内でどのような状態で保管されていたのか、疑義を質すことではないかと思う。