やまと 尼寺 最終 回。 やまと尼寺 最終回と慈瞳・じとうさん、まっちゃんが、音羽山観音寺を下山して心配になることいいろいろ(精進日記 )

ありがとう「やまと尼寺精進日記」~みんなの暮らしは続く

🤑 学生時代に音羽山観音寺をおとづれたことがきっかけで、大学職員のお勤めをされたのち、高野山専修学院で勉強され、音羽山観音寺へこられたようです。

住職・密榮さんの過去、観音寺に入るときの様子が語られていました。それまでは汚いお寺だったそうです

🙏 それまでもう本当にね、古風と言っていいか……」 と言ったところで別の方(Bさん)が「いやぁ汚かったもんね」とずばり言っていました。 あれだけの自然の中で暮すためには、動物被害の対策や草取り、台風への備え、はたまた古くなった参道の修復やらできりがありませんね。

17

やまと尼寺 精進日記

💕 少しは「スローライフ」をしていただきたいものです(笑)。 観音寺の一番大きな法要は4月17日の大般若法要のようですが、今年は諸般の事情でどうなるのでしょうか。 30年かけてご住職が作り上げた音羽山観音寺は偉大です。

19

Eテレ『やまと尼寺精進日記』が2020年3月22日で突然に最終回を迎える!4月からの放送はどうなるのでしょう?

💙 山深い寺に、朗らかで料理上手な尼僧たち3人が暮らしている。 料理を作って部屋まで運び、食事が終わればその後片付け・・・。

16

ありがとう「やまと尼寺精進日記」~みんなの暮らしは続く

🤫 Youtubeで実際にこちらを訪れた動画を見ましたが、「引き返そうかと思った…」と、本当に険しい道のようです。 私は「縁」と「緑」を書くときには表情に出さないようにしながら「間違うなよ」と自分に言い聞かせてしまいます。 もしかしたら、すでに後任の方がおられたりして…だとすればちょっと安心。

やまと尼寺精進日記~日常の暮らしだから面白い!

⚡ この記事をご覧になっている方の多くも同じ気持ちでしょう。 よく見直しては、あの世界に浸り気持ちをリフレッシュしています。

やまと尼寺精進日記 最終回 なぜ終了の理由

✔ 弥生の読みは「やよい」ですね。 住職 後藤光榮さん 副住職 佐々木慈瞳さん お手伝い歴6年 まっちゃん おいしいものを食べるために手間暇をおしまない3人。

12