お含みおきくださいますと幸いです。 「お含みおきください」の意味とは?目上の人に失礼にならない使い方

敬語「お含みおきください」の意味と使い方!メールの例文、類語、英語も紹介

☕ 知っている、分かっている、または心得ているなどの意。 「あしからずご容赦ください」• しかし、「ご了承ください」は、注意書きなど文章の最後に添えられることはあっても、面と向かって話す際に使われることは、あまりありません。

2

敬語「お含みおきください」の意味と使い方!メールの例文、類語、英語も紹介

🤜 何卒お含みおきのうえ、至急ご返事くださいますようお願い申し上げます」 ・「以上の点をお含みおきのうえ、至急ご回答のほどお願い申し上げます」 ・「ご注文をいただきまして〇日までにお振込みいただけない場合は、キャンセルとなりますこと、あらかじめお含みおきください」 ・「ご回答、ご入金いただけない場合は、不本意ながらしかるべき手続きをとらざるを得ず……、その旨お含みおきください」 このように「お含みおき」という表現は、単に「分かって」というよりも、もっと強く心に留める、そのような点に注意して対応してほしい、把握しておいてほしい、確かに了解を得た上でのことといった意味合いを伝える際に用いられる言葉です。 「お含みおきください」とは、相手にこちらの事情を理解してもらい、心に留めておいて欲しいときに相手を敬って使います。

6

「お含みおきください」の意味とは?目上の人に失礼にならない使い方

🤣 お含みおきくださいませ。 「お手数おかけして申し訳ありません」• いたします• 「ご承知おきください」は文法的に正しい表現であり、尊敬語になります。

メールやビジネス文書で使える用語集

😔 3.「お含みおきください」を使う場合の2つの注意点 「お含みおきください」は、相手を敬う丁寧な言い方ですが、使う状況によっては相手に失礼になることもあります。 外からは見えないものですが、注意すれば見えてくるものです。

「ご承知おきください」は正しい?ビジネスにおける「承知」の敬語

⌛ 「お忙しい中お時間いただき」• 5.「お含みおきください」の英語表現:Please understand 「お含みおきください」を英語で表現する場合には、「understand」(理解する)もしくは「note」(覚えておく)を使います。

「お含みおきください」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

😋 対象は人• 「念頭に置く」には元から「常に」「いつも」という意味があるためです。

12